「ホンモノ」を散りばめて

「無垢材」を使うメリットとは

無垢材(むくざい)とは合板や集成材ではなく、丸太から切り出された木材のこと。天然の木の持つ風合いが圧倒的な存在感を醸し出し、湿度が高いと湿気を吸収、乾燥していると湿気を放出します。そんな無垢材を部屋の一部に張ったり、室内ドアなどの建具を全て揃えたり。床材を全てナラや赤松の無垢フローリングにするのはいかがでしょうか。








自然素材で創りあげ、シックハウス対策に

無垢材をアクセントとして使用し、「 漆喰」「珪藻土」「シラス壁」「オスモカラー」などの自然素材を使いながら仕上げていく事で、見た目の存在感とは別に、住む方の健康にも優しいというメリットがあります。
現代社会では至る所に見栄えが良く性能に優れている建材が使われており、その代償として「ホルムアルデヒド」「トルエン」「キシレン」等の揮発性有機化合物が揚げられています。この自然素材を利用した家造りは、そういった被害を抑えることが出来ると考えているのです。




ただし、事前に予備知識が必要

古来から伝わる木造建築。しかし現代とは取り巻く環境が異なっている事を忘れてはいけません。自然素材に囲まれて暮らすには木材や石、火山灰などの持つ性質をしっかり理解する必要があります。弊社ではプランニングに取り掛かる前にご説明いたしますので遠慮なくお申し付け下さい。




Copyright(c)2016 sanai-home All rights reserved.  このWEBSITEにある全ての文章・画像の無断配布、二次使用を禁止します。