シックハウス症候群について考えます

アレルギー反応やアトピー疾患

一度は耳にした事のある「シックハウス」
ようやく手に入れたマイホームで快適な暮らしを…と思っていたのに、入居の途端なぜか「頭が痛い」「吐気がする」「目がチカチカする」等の問題が出ることがあります。
原因は何でしょうか?家族、特に子供たちの健康を害する「シックハウス症候群」をしっかり理解しておく必要があります。
シックハウス





様々な要因

 

【 症 状 】 目がチカチカする、目が痛い
  鼻や喉の痛みがある、息苦しい
  めまい、吐き気、頭痛 等
【 原 因 】 化学物質による室内空気汚染
【 要 因 】 ホルムアルデヒド(合板などの接着剤として利用されている)
  トルエン(接着剤や塗料の揮発性溶剤)
  キシレン(接着剤や塗料の揮発性溶剤)
  ベンゼン(接着剤や塗料の揮発性溶剤)
  木材保存材(土台などに使われる木材の防腐剤)
  可塑剤(クロス、フローリング等の加工剤)
  防蟻剤(シロアリ駆除剤、木材や土壌処理剤)
  パラジクロロベンゼン・エチルベンゼン・スチレン・クロルピリホス
  フタル酸ジ-n-ブチル・テトラデカン・フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
  ダイアジノン・アセトアルデヒド・フェノブカルブ...等

 

 

シックハウス症候群対策に住宅が取り組めること

同じ環境に住んでいる家族でも過敏に反応する人と全く反応しない人がでてくるため、家庭内の化学物質が原因だと認識するのが難しい場合もあります。原因が分からないアレルギーの場合はシックハウス症候群を疑ってみる必要があります。

無垢材を使用する なるべく新建材を使用せず、無垢材等の自然素材で家造りを行うことで化
  学物質を極力抑えます。
   
建材・材料の選択 建築基準法でJIS規定、義務付けされたホルムアルデヒド発散等級の表示を
  参考に建材を選択しホルムアルデヒド等の飛散を抑止します。また、同様
  に壁紙や接着剤及び塗料も含有量の少ないものを選択する事も重要です。
   
こまめに換気する 空気の通り道を作り、換気計画をたてて間取設計をしましょう。24時間換
  気システムも有効な手段です。












マンションのリフォーム実例写真

 

マンションリフォーム実例
 
こちらのお宅(マンション)では、お子様がアトピ-でお悩みでした。
病院からの勧めで無垢材と自然素材でリフォームした結果、症状も和らいだそうです。木と土の持つ力に驚かされます。

 

 


 

 

Copyright(c)2016 sanai-home All rights reserved.  このWEBSITEにある全ての文章・画像の無断配布、二次使用を禁止します。